ヨガ

ヨガをすると健康になる?

私が結婚前にした最高の贅沢というのが、
インドへのヨガ留学でした。

留学とはいっても2週間の短期ですが、
一日の多くをヨガに費やし、免許も取得することができました。

仕事も辞め、結婚式を待つまでの間に、
独身時代最後の贅沢と思って主人にわがままをきいてもらいました。

もちろん留学費用は自分で工面しましたが、
貯金は結婚式費用に使ってしまったので、
即日キャッシングを総量規制対象外の銀行でしたいと思い、
ネットでいろいろと探して借りることができました。

実は、専業主婦のように収入がない場合は、総量規制があって、
お金を借りることが難しいそうなんです。

インドのヨガ留学経験をいかして、
今後はインストラクターを目指して日々勉強中です。

人間は心と体という二つの要素から成り立ち、
その繋がりのバランスが健康の鍵となります。
ヨガとは「繋がり」を意味するサンスクリット語で、
心と体を繋げる方法の一つです。

基本的なヨガの形態は、腹式呼吸に合わせてゆったりした動作をし、
同じポーズでしばらく静止というものです。

ヨガによる体の健康としての影響は、
ゆったりした動作による筋肉コントロールという面で、
基礎代謝のアップに非常に効果的です。
基礎代謝がアップすると、痩せやすい体質にも変化しやすく
体のゆがみも解消されてきます。

ゆったりした動作は深い呼吸により血流の循環にも影響し、
体の凝りもほぐれ内臓も活性化され、
日本人三代疾病のうち心臓発作や脳卒中などの予防にも繋がります。

インヨガなど比較的おとなしめなものでも腰痛予防になる体勢があり、
毎日のちょっとした動作の継続により慢性的な腰痛再発防止になります。

ヨガによる内面的な心の健康としての影響は、
ゆったりした深い呼吸を意識することによる自律神経の安定です。

呼吸による肺・横隔膜の動きが血流を良くし、
自律神経のバランスを整え心の健康へと導かれるのです。

深い呼吸と動作静止は瞑想の時をも我々にもたらします。
瞑想は普段使用していない脳の機能を活性化させてくれることが、
最近の研究で明らかになっています。

継続的なヨガにより内からも外からも健康になりましょう。

ヨガ